集団指導塾のデメリット

授業の進度やレベルを柔軟に変えてもらえない

集団指導塾の基本的な指導スタイルは、比較的大きめの教室に複数の生徒を集め、教壇に講師が1人で立って指導を行うものです。特に大手の予備校や進学塾では、このスタイルが数多く目立ちます。集団指導塾にはメリットが沢山ある一方で、デメリットが幾つかあるのも事実です。例えばちょっと苦手な科目があったり、学校が忙しくて塾を休まざるを得ない時でも、授業はどんどん先へ進んでしまいます。集団指導塾では年間の学習計画やテキストが厳密に組まれている上、1人の生徒の事情を理由に、その他大勢の生徒の学習を妨げることはできないからです。

また大勢の生徒が集まる教室の雰囲気では、授業中に疑問がわいても、講師に質問しにくい環境と言えます。それどころか塾によっては、授業中の質問が禁止されているケースさえあります。このように集団指導塾ではあくまでも集団に合わせる必要があり、柔軟性に欠ける部分がデメリットになりがちです。

集団内での競争を強いられやすい

集団指導塾では、生徒間に競争原理を取り入れる傾向が強いと言えます。例えば生徒のレベルに応じてクラスを分けた上、1クラスに複数の生徒を集めてテストや模試を繰り返し、その成績も廊下などに貼り出して周知する、こんなケースは決して珍しくありません。集団指導塾に入ると、集団内で生徒一人ひとりがどの位置にあるのか、常に意識させる仕組みが出来上がっています。

普段から競争心や向上力のある生徒であれば、これほどメリットのある学習環境はないでしょう。その一方で競争のプレッシャーに弱い生徒にとっては、これは大きなデメリットになります。ケースによっては、プレッシャーで精神的に押しつぶされてしまい、全く学習意欲がなくなる生徒さえ発生します。こうなる前に体験入学で様子を見たり、学習環境が合わないと判明したら速やかに別の塾を探すなど、柔軟な対応が求められます。