個別集団塾のメリット

生徒に合った授業ができる

個別指導塾の大きなメリットの1つは生徒の学習能力に応じた授業を受けられるという点でしょう。個別指導塾では基本的には生徒1人に対して講師1人が授業を行うというマンツーマン指導が主流です。集団指導とは異なって、講師は生徒1人に集中することができるので、生徒の学習能力、学習意欲、日頃の学習態度などを的確に把握することができます。そうしたデータに基づいてその生徒にもっとも適した授業を行うことで、生徒は苦手科目を克服することができたり、得意科目をさらに伸ばしたり、学力の底上げを行うことができます。集団指導では学力や意欲がバラバラな生徒たちの前で授業を行うので、こうした側面はどうしても抜け落ちてしまいます。

フレキシブルな対応ができる

個別指導の大きなメリットのもう1つはフレキシブルな対応ができることです。生徒の学習進度に合わせて授業方針を変更することもできますし、その日の授業内容も変えられます。たとえば、生徒が苦手な項目をやるときには時間をたっぷりかけて教えたり、いつもよりも練習問題を多くやったり、解説を普段よりも詳しくやったりするなどです。集団指導ではなかなか授業方針や授業内容を変えることはしにくいです。また、個別指導では、授業中に生徒が講師の説明を聞いて疑問に思ったことはその都度気軽に聞くことも可能です。集団指導ではなかなか大勢の生徒の前で質問することは恥ずかしくてやりにくいです。このような側面は個別指導ならではのメリットといえるでしょう。

高校生の塾は多くありますが、多くの塾が体験授業を実施しているのでまずはそれを受けてみるのが良いでしょう。教室の雰囲気、先生との相性は勉強する上で非常に重要です。